Menuメニュー

Lttile Face Cut小顔補正立体カット

「小顔補正立体カット」は、西洋人の立体的な骨格をつくり、
より似合わせ・小顔を作り出すまったく新しいカット技法です。

骨格の形がきれいな西洋人は、骨格矯正の必要がないので、自分でカットしても格好よく見えます。

骨格がきれいに見えると、どのようなデザインでも素敵に見えますが、日本人の平面的な骨格を西洋人のヘアスタイルのように日本人に似合わせるためには、骨格矯正カットが大切です。

小顔補正立体カットは、ブロックごとにレイヤーまたはグラデーションをアンダーから順番に乗せていく感覚でフォルムを作り上げていくカット技法です。レザーも削ぎも入れず、軽い質感に仕上がります。

タイト&ボリュームの組み合わせで、東洋人の平坦な骨格を西洋人のような骨格に近づけることができます。平面的な骨格を立体的な小顔に見せ、鼻を高く引き締まった顔立ちに、そして日本人に多い絶壁といわれる平面的な後頭部に出っ張りを持たせて、耳の後ろと、ぼんのくぼ(うなじ中央のくびれた部分)の下、バックサイドをタイトに引き締めます。

骨格をきれいに見せることで、頭が小さく首が長く見え、全身のバランスがよくなります。また、顔の形に悩まれている方にも有効です。そして、削がずに髪が軽くなるので、髪が傷まずにバサバサしないキレイな質感に仕上がります。

「レイヤーはあまり入れずに表面の長さを残したい」、「見た目のボリューム感は欲しいけれど、量感は少なく軽さがほしい」といった、ボリュームを求めるところにのみ髪を重ねるといったこの技法は大変有効です。

スタイリングが格段にラクになる、
こんなお悩みを持つ男性におすすめです。

小顔補正立体カットなら、ボリュームを出したいところはしっかりボリュームを出し、タイトにしたいところはタイトにおさめることができます。

小顔補正立体カットの特徴

小顔の効果が高まります。

ボリュームダウン、ボリュームアップさせる位置が自由自在にできるため、小顔に見せることができます。3キロ痩せて見える効果もあります。

とてもナチュラルに仕上がります。

軽くて肌に溶け込む質感に仕上がります。

髪を削がないので、髪にやさしいです。

削ぎを入れないので髪が傷みません。

スタイルのもちが全然ちがいます。

髪がたまる部分を見極めて隙間を作っているため、カットラインの崩れが遅くなります。

今まで以上に手入れが簡単になります。

乾かすだけ、もしくはスタイリング剤を塗布するだけで簡単にセットできます。

よりパーマがキレイにかかります。

束感でカールが出るので、ゆるく優しいパーマでも強めのパーマでも違和感なくキレイなラインになります。

クセ毛を活かせます。

クセ毛を活かしたへアスタイルが作りやすくなります。

※小顔補正立体カットは、現在甲子園本店、今津店にて、認定スタイリストのみが担当できる施術なります。
詳細は各サロンまでお気軽にお問い合わせください。